プロフィール

宗川

プロ家庭教師

 

経歴

1994年生まれ。群馬県出身。高2の時に友人が理系に進んだことから、理系を選択するも数学・物理ができずに、初めての模試で偏差値40となる。その後、勉強法の本を大量に購入し、いちから勉強法を変えることで、半年で数学と物理の偏差値を65まで引き上げ、地元国公立大学に合格。大学時代は家庭教師、塾のチューターとして3年間、自身の勉強法を教える。

その後、一般企業に就職し、システムエンジニアとして仕事をするものの、好きなことを仕事にしたという強い思いから、人に教えることを本業にするために活動中。

教育理念

一人でも多くの理系嫌いをなくしたい。

なぜ理系科目が嫌いな生徒が多いのでしょうか。

その一番の理由はやはり正しい勉強法で学習をしないと成績が上がらないことにあると思います。

今現在、数学や物理が苦手な高校生が大勢いるとは思いますが、安心してください。理系が向いていない訳では決してありません。勉強法がわかっていないだけなのです。

これまで多くの、理系科目が苦手な高校生の指導をしてきましたが、ほとんどの生徒は間違った勉強法が原因で成績が伸び悩んでいました。この経験から、僕は誰でも正しい勉強法で学習を進めることができれば、理系科目の成績は確実に上がると考えています。(確かに成績の上がり方には、個人の向き不向きも多少は関係するとは思いますが、正しい勉強法にすれば必ず成績は上がります。)

特に、

  • 理系科目が苦手だからという理由で自分は文系向けだから私立文系で受験すると決めている生徒。(※私立文系での受験は数学が受験科目に含まれないため、数学が苦手な文系の生徒が多く受験するため、倍率が高くなる。)
  • 物理ができないから、本当は情報系の学部に行きたいけれど、化学系の学部を受験する高校生。
  • 数学と国語どっちも嫌いだが、国語のほうが少しだけ成績がいいので文系を選択する高校生。

本当にもったいないと思います。

ある程度できるようになったうえで、自分には向いていなか判断してほしいです。

もし、少しでも理系科目を好きになりたいという思いがあるのでしたら、ぜひ一度勉強法を見直してみて下さい。

勉強法は随時ブログに更新していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

資格

高校教員免許

趣味

キャンプ